落雷被害は保険適用されるか



ここ数年気候変動に伴う急激な自然環境変化に伴い、局地的な豪雨に加え落雷被害が多発している日本。

雷が直撃した場合は命の危険もあり、雷サージによる電化製品&通信機器の破損などが問題となっています。


このような場合修理・交換が必要になりるため、予定外の費用がかかります。

そこで、落雷事故の被害は火災保険の対象になるのかが問題となります。


火災保険にはいくつかの種類があり、通常は火災・落雷・破裂・爆発などは

補償内容の範囲に含まれています。

では、落雷被害はどのように補償されるのでしょうか。


実際に落雷被害に遭った場合は、「損害保険金」が支払われます。

これは物の損害に対するもので、具体的には修理代金または時価で補償されます。

さらに「臨時費用保険金」が支払われる場合もありますが、

これは火災保険によって違いがあるため確認が必要です。


さて、実際に落雷被害による保険金を請求するにはどのような書類が必要でしょうか。

落雷被害の場合にも通常の火災保険金請求と同じで、

保険会社所定の保険金請求書と修理見積もり(修理が不可能な場合は修理不能見積もり)、

損害物の写真などが必要となります。


ちなみに火災や風水被害の場合は必ず「罹災証明(消防署・市区町村などで取り付け)」が必要ですが、

落雷の場合は証明が難しいため、別の形で確認することもあるようです。


落雷対策のひとつとして火災保険は有効ですが、気を付けたいのは「火災保険の目的」が何かということ。

例えば持家の場合、専用住宅なら保険の目的は主に建物や家財となります。

それに建物には火災保険をかけているけれど、家財にはかけていないとなると、パソコン・テレビなどは補償されません。


そもそも落雷による雷サージでパソコンが故障しデータが消えてしまったりしたら、

補償の有無の問題ではありません。

サージ対策を含め、できる落雷防止の対策は事前にしておくことが大切です。


また事業用などデータ復旧の補償も必要な場合は、落雷対策としての火災保険だけでなく

サージ対策にもなる「コンピューター総合保険」の検討も必要です。

こうした保険に加入しておけば、いざデータの消失による修復・再作成費用が発生しても、保険が補償してくれます。


〒542-0081

大阪市中央区南船場1-11-9

長堀八千代ビル4階I号室

Tel:06-6484-5178

電話受付:10:00~19:00(土日祝日除く)

Fax:06-6484-5179(24時間受付)

〒544-0013 

大阪市生野区巽中4-3-1-703

Phone:090-6249-1242

電話受付:10:00~19:00(土日祝日除く)

Fax:06-7165-6832(24時間受付)

Mail:kouji1016@nespe2.com

F.B:www.facebook.com/kouji1016

twitter:twitter.com/kouji_k1016

ameblo:http://ameblo.jp/kouji1016/

instagram:www.instagram.com/kouji_k1016/

ファイナンシャルプランナー

FP探しコム

保険の大志.com